リカーショップ アンボア

ペルラン ロゼ 2020(Perlant Rose 2020)ロゼ微発泡

生産者:ドメーヌ・テッタ(Domaine Tetta)
/高橋竜太
産地:日本、岡山県
品種:安芸クイーン82%、MBA14%、その他6品種4%(手摘み/平均22年)
タイプ:ロゼ極微発泡
アルコール分:11度
SO2無添加

“石灰岩土壌の地に、日本ワインの未来を想う。SO2無添加、ロゼ微発泡”


自生酵母。
9月1日~11月9日収穫。
除梗後、空気圧式圧搾、20hlのステンレスタンクでルモンタージュしながら発酵・マロラクティック発酵・熟成。
濾過あり・無清澄、瓶詰めは2021年6月15日。
瀬戸内海と日本海の中間に位置する岡山県新見市、08年より廃業したブドウ農家を継いだ高橋社長の物語が始まりました。
石灰岩と赤土で育つ安芸クイーンを主体とした8品種をプレスしステンレスタンクで発酵・熟成しました。
紫を帯びた淡いピンク、クランベリーやすももの香り、爽やかなアタックはさくらんぼの味わいで摘みたてベリーの酸が溶け込み、美しい酸がアフターを引き締めてくれます。
(インポーター資料)

生産者:ドメーヌ・テッタ(Domaine Tetta)
/高橋竜太


岡山市内から車で2時間ほど北西へ走った、岡山県新見市哲多町。
瀬戸内海と日本海のちょうど中間に位置するこの地は、日照時間の長い温暖な気候で、畑は標高400~500mのカルスト台地の上にあることから、日本のワイン産地では珍しい石灰岩土壌を見ることが出来ます。
社長の高橋竜太さんはこの地の可能性を信じ、2008年から実家の建設業の傍ら、廃業したブドウ農家を継ぐ形で、生食ブドウと醸造用ブドウの栽培を開始し、 醸造所の建設前は、高橋社長自らが車で山梨まで収穫したブドウを運び、委託醸造を行っていました。
2016年に高橋さんの夢がかない、ついに醸造所が完成。
デザインや建築など、岡山出身の各分野で日本のトップと言えるクリエイター達が作り上げた、アーティスティックな建物にはカフェも併設され、イベントでは屋上を使ったアウトドアで100名を超えるディナーパーティーも行われたり、日本中から注目され、多くの人が集うワイナリーとなりました。
Domaine Tettaドメーヌ・テッタのワインは、委託醸造を除く自社ブランドはすべて、8haほどある自社畑のブドウから造られ、畑では除草剤や化学肥料などは使わず、ボルドー液などの薬剤も最小限の使用にとどめ、天然酵母での自然発酵と、亜硫酸の使用も極微量ですが、瓶詰め時の判断により無添加でリリースされるワインも多いです。
2020年から栽培・醸造長を任されている菅野義也さんは、日本ワインファンの誰もが憧れる、山梨の「ボーペイサージュ」でワイン造りを学んでおり、優しく真面目で几帳面な菅野さんの人柄を感じさせ、しかも独創的なワイン造りを行っています。
ワインは微発泡、白、ロゼ、赤だけでなく、そこに当てはまらない中間色のワインが多く、その年のブドウのポテンシャルを最大限に引きだそうと、毎年スタイルを変えてリリースされています。
常識やカテゴリーにとらわれない自由な感性によって表現されるドメーヌ・テッタのワインは、今後さらに注目を集めることは間違いありません。
誰にも負けない行動力で夢を実現してきた高橋社長と、自由な感性で魅力あふれるワインを生み出す、菅野さんはじめスタッフの皆さんの活躍に期待しています。
ワイナリーの歴史を背負うプレッシャーは必ずあると思います。
特に現在は日本ワインブームによって、醸造所の数が目まぐるしく増加し、注目されるワイナリーとそうでないワイナリーがはっきりと分かれています。
昔のまま変わることのできないワイナリーは、すたれてしまう厳しい状況の中で、今までの顧客を大事にしながら、新しいファンを増やしていかなければならないというのが、新規ワイナリーとはまた違った苦労があるように思います。
何を継承し、何を創造するのか。
飄々と、しかも着実に実力と人気を自分のものにしている2人に、今後の期待が膨らみます。
製造元:ドメーヌ・テッタ(Domaine Tetta)
内容量:750ml
産地:日本、岡山県

2,860(税込)

      

残り2点

Recommend Item最近チェックした商品